記事一覧

オーダージュエリーで知っておきたい既成枠と手造り枠

誰もが憧れるオーダージュエリー。一生に一度は自分だけのオーダージュエリーを作ってみたいという方は多いのではないでしょうか?でも、実際にオーダージュエリーを発注する際などに気をつけないといけないことなど、わからないことが多くてなかなかハードルが高いのも事実ですよね。


シェーヌダンクル 偽物 エルメス シェーヌダンクル リング コピー Bague Chaine D'Ancre EnchaineeリングPM
◆素材◆925/1000シルバー
◆仕様◆
シルバーリング
アンカーチェーン

今回は、オーダージュエリーを作る際に知っておきたい知識として『既成枠と手造り枠』の違いについて説明したいと思います。ベースは2種類!その長所と短所は?オーダージュエリーのベースには2種類あります。その分類はハンドメイド枠(手造り枠)本当に人の手作業で作られるハンドメイドのものを指します。服でいうと布から作る世界に一つだけのオーダーメイドの物。加工賃が高くつくというデメリットも。キャスト枠鋳造機で作られるもの。服でいうと既製品のことを指します。最初に型をつくるのに初期投資が必要ですが一度型を作ってしまうと安価で作成できます。

『空枠』の作り方は上記の2通りです。では、それぞれの詳細とメリット・デメリットをご説明します。既成枠って?一般に「キャスト枠」と呼ばれるもので、キャスティング工法(鋳造工法)にて作られた指輪やその他の枠の事を言います。「キャスト枠」のメリットはなんといっても安価なことです。鋳造なので量産できますし、後からの追加も簡単にできます。逆にデメリットは、デザインが選べない事や、特殊な石留めが出来ないことがあげられます。消費量が望めないと採算が合わないため万人受けするデザインが多いのはこの辺りが理由ですね。

【関連記事】:2022母への誕生日プレゼント

トラックバック一覧

コメント一覧